*ぽん*と

thpd.exblog.jp

記録的な大雪


d0231918_12563849.jpg

まさかここまで積もるとは・・

本来なら仕事であった今日ですが、昨日の大雪で臨時休業となりました。

なので、ポンちゃんをいっぱい積もった雪の上に降ろしてみました。


d0231918_12582283.jpg

「この雪を楽しんでくれちゃったりするかな?」

という私の期待も虚しく、ポンちゃんのお顔は↓↓↓こんな表情↓↓↓になってしまいました。
d0231918_132018.jpg

泣きそうです^^;

その後、抱っこして私の手に乗せた雪をポンちゃんのお鼻に近づけてみるも

雪が嫌なようで、すぐにそっぽを向いてしまいました。

同じ氷系でもアイスクリームならお目目をまん丸くして身を乗り出すのに!!

d0231918_13154262.jpg

うふふ❤ ポンちゃんが雪の上でオロオロしたあと^^♪





d0231918_13151559.jpg


しかしこの大雪には本当に参りました。

昨日は仕事でしたが、取敢えずは通常通り原付バイクに乗って出勤いたしました。

片道10分程の職場。万が一置いて帰ることになっても歩いて帰れる距離!

でも、いざ帰宅時間になると翌々日の出勤を思えば原付バイクを置いていくのも嫌で、

大通りに出れば何とかなると考えていたため無謀にもバイクを押して帰ることを選択してしまった私。


雪の上を歩いても路面がこれっぽっちも現れることがない積雪。

歩くことさえ困難な猛吹雪。

今思えば本当に大バカであります(涙)

職場から自宅までの拷問のような時間がスタートしてしました。

バイクなしで歩けばきっと40分位で帰れただろう距離なのに。

下り坂を下りてきてしまったため、もう、引き返すことができません。

どんなに辛くてもこのままバイクを押して帰るのみです。

当然ですが、歩道はバイクを押せる状態ではなく、

車道の轍をたよりに押して歩いていくしかありません;;

ひたすらひたすら押し続け、やっとの思いで出た希望の片側2車線の大通り。

だけど、希望は一気に絶望に陥りました。

交通量も少ないのに、吹雪でどんどん増す積雪・・

轍もへったくれもありません(涙)

しかたないので、左車線のかろうじて在る轍のところをゆっくりと力いっぱい押していきました。

後ろから車が来れば一旦止まり、吹雪が強まれば歩けないので一旦止まり・・

長い長い、とっても長い道のりでした。

だけど、もう、どんなに頑張ってもある区間からは超危険な車線になってしまう。

なので、その手前を左折して裏道を通っていくしか方法がありません。

でもその裏道は、もはや、原付バイクを動かすことが不可能になるまでの積雪。

ただ、最悪でもここまでは押していこうと目標に決めていた地点。

ここまで来れば、じつは、昔働いていた職場(タクシー会社)があるのです!

そう、ここは私の自宅まで徒歩10~15分程で行けてしまうとこ!

幸いにも車庫にはタイヤ交換をしている二人ほどの職員さんがいる!!

タイミングを見計らって思い切って声をかけてみると、

なんと、知っている職員さん(しかも管理者)でした!!!

☆超ウルトラスーパーラッキーです☆

私のバイクを快く承諾してくれたうえに駐輪場にまで運んでくれました。
※翌日の今日、お菓子を持ってバイクを引き取りに行ってきました^^♪


バイクを預けた直後、もはや向かい風では数mも歩くことができない超ウルトラブリザード地獄が;;

万が一、それがバイクを押しているときだったとしたら、

間違いなくその場で座り込んでしまい遭難寸前であったであろう。

どうにかこうにか、やっとの思いで自宅に着いたときは、

これまでの強風にさんざん抵抗してきたせいか、

風のない玄関では逆に感覚がおかしくなってしまったようで

何故か逆にフラフラと千鳥足状態になってしまいました(笑)



三浦半島でおきた、これまで経験したことのない在りえない大雪。

本当に参りました;;

d0231918_1420163.jpg

昨晩、途中で雨に変わったのか、だいぶ雪が解けていました。

でも、大通りから1本裏に入るとかなりの雪が残っています。

車を運転される方は歩行者へ撥ねてしまうであろう雪泥水に十分に気を付けて走行されてください。

また、歩行される方も油断せず、転倒にお気をつけて歩行されてください!!



by pirloyan_tyavg | 2014-02-09 14:26 | ぽんのこと